« ロックオペラ モーツァルト 大阪公演初日! | Main | 卒業式 »

ロックオペラ モーツァルト 大阪公演 ルージュバージョン&インディゴバージョン

2月22日(金)、大阪公演(梅田芸術劇場:18時30分開演)初日のルージュバージョンは、やんもっさんサリエリバージョン

 

想像していた通り!惚れ惚れしたよ~、やんもっさん

 

5列目から目をパッチリ開けて凝視してしまいましたワタクシ(笑)

 

ライトを浴びたやんもっさんの目はキラキラ輝いていて、煌びやかな衣装やヘアメークと相まって、と~~~っても美しかったデス!

 

ルージュバージョンでは、サリエリを演じながら、ナレーターのように話をすすめていくやんもっさん

 

舞台の下手から上手からスポットライトを浴びて不意に現れ語り始める・・・う~ん、やっぱりお声がステキです♪

 

そして、【殺しのシンフォニー:L'Assasymponie】を熱唱し倒れこむやんもっさん

 

その姿が目に焼きつきましたね~♪

 

 

 

さて、このロックオペラ モーツァルトMOZART, l'opéra rock”は、2009年9月パリにて初演。その後、ヨーロッパツアーを計305回も実施し150万人を動員した記録的なヒットとなったフランス語ミュージカル

 

それを、日本では、演出家にブロードウェイの奇才、フィリップ・マッキンリー氏を迎え、主演のモーツァルトと宿敵サリエリを、山本耕史と中川晃教がダブルキャストで競演するという豪華な舞台なのだ。

 

 

 

本当に豪華絢爛な舞台で、衣装もメークも舞台装置も音楽も全てにおいてスペクタクル!出演者の方々もみなさんそれぞれに輝いていて、本当に良かった~!

 

 

 

中川晃教さんのモーツァルトもステキでした♪やんもっさんに比べると、かなり可愛いくて、ピョンピョン跳ねてるピンポン玉のような雰囲気^^

 

歌声も軽やかでどこまでも突き抜ける感じ♪

 

高橋ジョージさんや、鶴見辰吾さんの歌声も素晴らしく、舞台を盛り上げていたしぃ~

 

なんだか、お二人の歌声は、フランス版の役者さんの声質に似ていたな~♪

 

あと、ナンネール(菊地美香さん)の【Dors mon amge:安らかに眠って】も良かった~!お歌、お上手ですね~!高音部分の優しい声に聞き惚れました♪

 

でもね^^冒頭の【不可能への挑戦:Penser l'impossible】では、歌い始めの部分が演歌のように聴こえてしまったのはワタクシだけでしょうか!?・笑

 

それと、アロイジア(AKANE LIVさん)の存在も、フランス版より美しさが際立って、【ビン・バン・ブン:Bim Bam Boum】では、ブルーのドレスにブルー系のアイメークがとっても美しかった(ため息~)本当に美しすぎ~

 

フランス版では、赤い羽根のようなツケマアロイジアなんだけど、AKANEさんはブルーの超長いツケマ!それ、ワタクシにもお願い・爆

 

そして、コンスタンツェ(秋元才加さん)は、フランス版よりも、どちらかというと全体的に控えめでとってもキュートな少女のような印象♪歌声も可愛らしくて、大好き!

 

ちなみに、フランス版では、ワケあってコンスタンツェをお二人の女優さんが演じていたので、勝手に三人三様のコンスが観れたような気がして嬉しい^^

 

ただ、【Si je defaille:心沈むとき】の楽曲のときに、フランス版のように男性ダンサーに囲まれた激しいダンスじゃなくて残念・笑

 

でも、才加さん的には、そのほうが良かったかもね^^

 

あ、忘れてはならない人がいます!歌姫:カヴァリエリ♪の北原瑠美さん!

 

圧巻でしたね~!!どこまで出るんだろう???っていうくらい高音の素晴らしいこと♪

 

フランス版のカヴァリエリとは、随分違った衣装とメーク・・・う~ん、もう少し”素”な感じでも良かったのではないかしら~(独り言)。

 

 

 

ロックオペラ モーツァルトの公演が決まってからというもの、フランス版の動画を繰り返し観てきたので、楽曲が流れる度に、フランス語の響きが頭の中で一緒にグルグル♪終始、一緒に歌ってしまいそうだった^^

 

全て聴いてる曲なので、ノリの良い曲では、心の中で手拍子(笑)だって周りは手拍子あんまりしないんだもの~(^^;;;残念!

 

 

 

それから、カーテンコールでは、やんもっさんお得意のモノマネ(氷室さん、布袋さん、GLAYのTELUさん、武田鉄矢さん・・・)が炸裂!(笑)会場がどっと笑いに包まれたり~

 

スタンディングオベーションの中、楽曲【きみの胸のタトゥー:Tatoue-moi】も一緒に歌ったり~

 

本当に会場全体が盛り上がったフィナーレでした♪

 

 

 

 

 

さてさて、観劇後は、余韻に浸りながら、前回のチックチックブーンでお友達になった観劇友のKさんに連れられ、茶屋町の近江野菜の美味しいお店【花様】へ!

 

もちろん野菜料理がメインなのでとてもヘルシーだし、お肉やお魚も国産ブランドのこだわりのものを使っているので本当に美味しかった~!

 

そうなるとですよ、お酒の強いKさんと一緒ということでますますお酒もすすみまして、予想通り翌日は少々二日酔い気味のワタクシでした(爆)

 

食事会のあと、ホテルにたどり着いたワタクシは、ベッドに倒れこみそのまま眠ってしまったようで、目が覚めると夜中の3時過ぎ。いや~ん、たった1人の真夜中のホテルの部屋って怖すぎます(--;;;

 

とりあえずメークを落として温かいお茶をいただいて再びベッドに入り込んだけれど、舞台でのやんもっさんが頭の中でグルグルするもんだから余計に目が冴えてきて(笑)なかなか寝付けず・・・でも、いつの間にか眠りに落ちていたようです。

 

しかし、夢の中までやんもっさん登場(爆)どんだけ~

 

 

 

そして、気が付くと朝の8時!きゃ~、急がなきゃ!チェックアウトは10時!

 

せっかくのホテルからのプレゼント(レディースフロア特典)の足ピタシート(写真・右下)も酔っ払っていたので使っていなかったことにふと気付く(笑)

 

まぁ、そんなことはどうでもイイんだけどね(笑)

 

 

 

急いで支度をしてホテルを10時ちょっと前にチェックアウト!

 

20130223

 

劇場近くのホテルだったので、劇場横のスタバモーニングでもと思い向かっていると、何やら少々人だかりが・・・近寄って聞いてみると、ファンの方がお目当ての方を待っていると言うではありませんか(@@;)なんと、そこは・・・楽屋口だったのですよ!そういえば、昨日Kさんから聞いていたけどすっかり忘れていた^^

 

観劇歴の浅いワタクシにとっては、何もかもが新鮮(爆)

 

で、すかさず、『山本さん、もう入られたんですか!?』と聞くワタクシ!

 

『いいえ、まだだと思いますよ』・・・ひゃ~、まだ!?まだってことは、ここで待ってると会えるの!?なんて期待しながら待つこと数分!

 

何やら遠くから猛スピードで歩いてくるお方が・・・黒っぽい帽子を被りグレーのロングコート・・・あ、あ、あれは、や、や、や、やんもっさんですかッ!!

 

近くにいたおばさまたち(あ~、スミマセン、ワタクシもおばちゃんでした・自爆)3~4人の様子が一変!なんと、そのお方こそやんもっさんだったのですよ!!

 

すると、そのおばさまたちが、そのお方に向かって歩きだしたので、ワタクシも一緒によろめきそうになりながら近づいてみたのであります(爆)お急ぎのところゴメンナサイ^^

 

おばさまたちはプレゼントとかお手紙のような物をやんもっさんに渡していた。

 

そのやんもっさんは、鞄で手が塞がっていたので、鞄を持つ指の隙間に滑り込ませるようにして渡している人もいたり、受け取ってもらえない人もいたり・・・あっという間に楽屋口から中へ入って行かれたので、マネージャーさんが『すみません、急いでいるので・・・代わりに渡しておきます・・・』と受け取っていたり・・・。

 

も~ホント目が回るような一瞬の出来事で、ワタクシなんて、あ~た(汗)そんなおばさまたちの行動を目で追うことしか出来ず、ただただ呆然と立ちすくむだけでしたから(爆)

 

 

 

その後ふらふらと(大げさ・笑)スタバに入りオーダーして席に着いたけれど、食べることも忘れただただボ~っとするワタクシ。だってね~、あ~た、手を伸ばせば触れる(笑)距離でしたのよ♪(爆)

 

あれこれ考えながらやっとチャイラテに口をつけたときには、もうすっかり冷めていましたから(笑)どんだけボ~っとしてたのよって話ですわッ(爆)

 

 

 

そんなこんなで、2日目(2月23日)は、お昼開演のインディゴバージョンを観劇!

 

やっぱり、やんもっさんモーツァルトですね!1幕目の最後の曲【薔薇の香りに包まれて】なんて素晴らしいとしか言いようが無い。全身全霊で熱唱!

 

フランス版よりもやんもっさんの【薔薇の香りに包まれて】が、スゴク、イイ♪インディゴバージョンで、一番印象に残っているのがこの曲♪

 

あとでパンフを見てわかったのだけど、やんもっさんもこの曲が好きらしい!嬉しい!

 

 

 

う~ん、今、何を思い出すかと言えば・・・

 

コンスタンツェと抱き合うシーンで、抱きしめたさやかちゃんの後姿の肩にやんもっさんのアゴが乗っかっていて、何故かワタクシがドキドキしたこと(爆)うらやま~・笑

 

やんもっさんの人との接触(笑)シーンは、どんなときも基本ソフトな雰囲気で、常にベールが1枚かかっている感じがしたのだけど、唯一このコンスタンツェと抱き合うシーンでは、ベールが取り払われて心から愛しい気持ちで抱きしめている感じがした。

 

やんもっさん秋元さん、とってもお似合いでしたよ♪

 

結婚式のシーンなんて、お二人とも純白の衣装で、眩いくらいのお二人でした♪

 

とにかく、うらやま~・笑

 

 

 

う~ん、それと・・・そうね~、インディゴバージョンで脳裏に焼きつけておきたいのは、やっぱりやんもっさんの歌とダンスかな♪

 

夢を支配する者:Place,je passe】でのダンスは最高に素晴らしかった!大勢のダンサーを従えて右へ左へ踊りまくるやんもっさん!あ~、あなたに一生着いていきます(爆)ってな感じですよ・笑

 

 

 

しかし、やんもっさんやんもっさんで良かった!どんな役を演じていても、どこかしっとりと落ち着いていて・・・う~ん、上手く言えないけど、とにかくやんもっさんやんもっさんで良かった!

 

そんなことを考えながら帰路についたワタクシでした^^

 

 

 

てか、この日もKさんが方向音痴のワタクシのために劇場まで迎えに来てくれました^^

 

新大阪駅まで送ってくれて、お茶をしながらあれこれ私のおバカな妄想話(笑)に付き合ってくれてありがとう(笑)

 

Kさんのおかげで楽しい観劇小旅行になりました。本当にありがとう♪

 

なんだか、今回、舞台もそれはそれはステキだったのですが、そのことよりも、やんもっさんの半径1㍍以内に近づけたことのほうが、ガツンと印象に残ってしまいました(笑)

 

なもので、舞台のことが細かいところまで思い出せない(またかって話ですが・笑)

 

  

 

再演、あるとイイな~♪切望!

 

そして、再演のときには、フランス版のように【勝利の代償:Victime de victoire】のシーンでは、ぜひ客席通路へ降りてきて歩き回ってください・笑

 

 

 

取り留めのない話でゴメンアソバセ~・笑

 

 

|

« ロックオペラ モーツァルト 大阪公演初日! | Main | 卒業式 »